1. 業務用Shop>
  2. 感染症予防のポイント>
  3. 「外から帰ったら手洗い・うがい」って今も常識?
感染症予防のポイント

「外から帰ったら手洗い・うがい」って今も常識?

うがいをしている女の子

「外から帰ったら手洗い・うがい」と、子どものころからよく言われてきましたよね。
近年様々な感染症の流行から、感染症予防の方法が多く知れ渡るようになりました。
手洗いはもちろん、手指消毒、マスクの着用、咳エチケット、ソーシャルディスタンス等々・・・
様々な予防方法が広く知られる今、「うがい」って皆さんしてますか?

そう、水を口に含んでぶくぶくする、あのうがいです。
うがいは正しく行うことで感染症予防効果に大いに期待が持てますし、実際風邪の予防効果が実証されています。
感染症予防の原点ともいえるうがいについて、くわしくお伝えします。

うがいの効用

のどの粘膜には繊毛と呼ばれる小さく短い毛があり、この繊毛が粘液を外へ送り出すことでのどから入ったウイルス等の異物を排除しています。
しかし、気温が低く空気が乾燥すると、粘膜の表面が傷つき、繊毛運動が弱くなったり、止まったりして、ウイルスが侵入しやすくなります。言わずもがな、ウイルスが侵入すると感染症の原因となります。
うがいはのどに適度な刺激を与えることで粘膜の分泌や血行を盛んにすることが出来ます。
さらに、のどに潤いを与え粘膜の働きが弱まるのを防ぎ、のど本来がもつ防御機能を高めることが出来るので、感染症予防が期待できるのです。

のどの異物

うがい薬を使うという選択肢

うがいは水を口に含んでぶくぶくするのが一般的ですが、水だけではなくうがい薬を使うという方法もあります。
水だけで行ううがいも風邪予防に効果がありますが、うがい薬を使うことでさらに予防効果が高まるといわれています。

うがい薬にはいくつか種類がありますが、最もポピュラーなのはポビドンヨード系といわれる、ヨウ素を用いた、茶色い液体のものではないでしょうか。
ポビドンヨード系は様々な細菌に対して殺菌効果があり、病院で処方されることもあります。
しかしその殺菌効果の高さから、日常的に使用すると口腔内の常在菌や粘膜組織に影響を与えることがあります。
そのため、のどが腫れているときや病院で処方されたとき等に使用を限定した方が良いでしょう。

ポビドンヨード系

日常的に(例えば毎日帰宅時に手洗いと一緒に)使用するなら、比較的刺激が少ないものがおすすめです。

毎日使えるうがい薬

サラヤで販売しているうがい薬コロロシリーズは比較的刺激が少なく、日常的に使えるうがい薬です!
さわやかなミント味で辛味やクセも無く、毎日使っていただくことを想定して作られました。
殺菌成分を配合し、口腔内の殺菌・消毒・洗浄が可能な医薬部外品です。
うがい薬コロロシリーズはその効果と利用しやすさから、60年以上前から学校や官公庁などで広く利用されています。もちろんご家庭でも!
「外から帰ってきたら手洗いうがい」の習慣にコロロも入れてみませんか?

コロロ1L

うがい薬コロロ 1L
4,400円(税込)

80~100倍に水で薄めてご利用ください。
約1,000回分使用可能。(うがい1回あたり3.9円)

商品詳細・ご購入はこちら

コロロ50ml

うがい薬コロロ 50ml
682円(税込)

携帯用サイズでいつでもどこでも、気になるときにうがいを。
80~100倍に水で薄めてご利用ください。
約50回分使用可能。(うがい1回あたり12.1円)

商品詳細・ご購入はこちら

コロックル

うがいディスペンサー COLOCLE(コロックル) CD-500
3,663円(税込)

どんな場所にも馴染むシンプルなデザインでうがいを日常生活の習慣に。
500mLのうがい薬をセットできます。

商品詳細・ご購入はこちら

コロロクリーンカップ

コロロ クリーンカップ 400枚
1,584円(税込)

不特定多数の人が利用する場合には使い捨ての紙コップを用いるのが衛生的です。
大容量ですが薄型なので、設置場所を広くとりません。
1枚あたりの値段3.52円。

商品詳細・ご購入はこちら